今日の坂本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

賛成の理由

採決へのカウントダウンが始まった安保法案ですが、多くの国民や著名人が反対の意を表していますし、全国でのデモも私の記憶にある中で最大規模に拡大しています。憲法違反は明らかです。答弁はコロコロ変わる、訂正される、取り消される、止まる…。

「抑止力が必要」「集団的自衛権は国連憲章で認められている」との声もありますが、現在の日本の憲法では認められていないのです。町の治安が悪くなったからといって勝手に銃を所持しても良いでしょうか? そのためにはまず法律を変えなければなりません。

この法案に賛成されてる方って、

①法案が憲法に違反していないと思っている。

②憲法に違反している、またはその可能性が大きいと思うが、現在の日本を取り巻く状況を考えると、そうも言ってられないので前に進めるべきである。

どちらなのでしょう?

①であれば、圧倒的多数の憲法学者や前内閣法制局長官、元最高裁判所長官を納得させる根拠を示すべきですし、

②であれば、もはや法治国家として成り立っていないということになります。

どうしても必要な法案だと言うのであれば、今こそ国民投票で問うべきではないでしょうか。

ただ、私はむしろ①②というより、

③安倍総理のすることにはとにかく全て賛成。

のような方が多いのでは…と感じます。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/15(火) 23:41:41|
  2. 国政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiranin.blog.fc2.com/tb.php/350-e5e5f826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。