今日の坂本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2つの新年あいさつ

〇天皇陛下の新年の感想。
「東日本大震災からは4度目の冬になり,放射能汚染により,かつて住んだ土地に戻れずにいる人々や仮設住宅で厳しい冬を過ごす人々もいまだ多いことも案じられます。」と、まだ全く目途がついていない放射能汚染にも触れておられるのに対し、

〇安倍総理の年頭所感。
「総理就任から2年が経ちました。この間、経済の再生をはじめ、東日本大震災からの復興、教育の再生、社会保障改革、外交・安全保障の立て直しなど、各般の重要課題に全力で当たってまいりました。」

と、「東日本大震災からの復興」の文言があるのみ。


〇天皇陛下の新年の感想。
「本年は終戦から七十年という節目の年に当たります。多くの人々が亡くなった戦争でした。各戦場で亡くなった人々、広島、長崎の原爆、東京を始めとする各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。この機会に、満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本のあり方を考えていくことが、今、極めて大切なことだと思っています。」

〇安倍総理の年頭所感。
「今年は、戦後七十年の節目であります。日本は、先の大戦の深い反省のもとに、戦後、自由で民主的な国家として、ひたすら平和国家としての道を歩み、世界の平和と繁栄に貢献してまいりました。その来し方を振り返りながら、次なる80年、90年、さらには100年に向けて、日本が、どういう国を目指し、世界にどのような貢献をしていくのか。
 私たちが目指す国の姿を、この機会に、世界に向けて発信し、新たな国づくりへの力強いスタートを切る。そんな一年にしたいと考えています。」

 総理の所感に「先の大戦の深い反省」とありますが、誰による何の反省で、結果として何を教訓として学んだのかが曖昧です。

 ところが、天皇陛下は「満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び…」と、わざわざ「満州事変に始まる…」と付け加えておられます。日本の策略により始まった「満州事変」、このあたりをきちんと学びましょうというメッセージであると私は読みました。


天皇陛下「新年の感想」

 一度、読み比べていただければ、選挙での信任とか、アベノミクスのさらなる進化とか、ご自身のPR中心の文章との違いがよくよく分かっていただけると思います。

スポンサーサイト
  1. 2015/01/01(木) 22:30:00|
  2. 国政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiranin.blog.fc2.com/tb.php/276-fd7de804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。