今日の坂本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大阪都構想その6

都構想のことは、もう書くまいと思っていましたが…。

法定協議会が廃止されたことで、大阪都構想は事実上消えました。

このあっさり感は何?

もし真剣に「大阪を良くするにはこれしかない!」というなら、こんなあっさり終わってしまっていいんでしょうか?

 今、国会では安保法制の審議が行われています。もし仮にこれが可決されたとしたら、反対している方々はどう思うでしょう? 「あ~あ、これで終わった。もう政権にすべて任せるしかないな」とあっさりあきらめるでしょうか。そんなことはないと思います。アンチ安倍政権の輪がさらに広がり、大きなムーブメントにつながっていくと私は思います。

 なぜでしょう?
「これらの法整備はすべきでない!」と心の底から思っているからです。

ところが、大阪都構想を推進・賛成していた方々は、これであっさり。それってどういうことなのか…藤井教授が興味深い分析をされています。


(以下、引用しています)
 
 もしも本当に、賛成派の方々が都構想で大阪を豊かにできると信じているのなら、そして本当に大阪の未来を豊かにしたいのなら、住民投票で否決されようが何をされようが(それこそマックスウェーバーが言うような不屈の精神で)都構想の実現を目指せば良いはずではありませんか。

 それを「たかだか住民投票で否決されたくらい」で完全にあきらめる、というのは、次の二つの可能性のいずれかあるいは両方が「真」であるとしか考えられません。

(1)大阪なんてどうなってもいいと思っている(だから、住民投票で否決されれば、あっさりあきらめられる)。

(2)本当は、都構想で大阪が豊かにできるとは信じてはいない(だから、住民投票で否決されれば、あっさりあきらめられる)。

もちろんこれ以外にも、

「都構想で大阪が豊かにできるかどうかは、本当はよく分からないが、多数決で賛成多数になれば大阪が豊かになるのだろうと考えられるが、否決されれば豊かにならないだろうと考えられる」

という可能性もあるかもしれませんが、この説は、完全にアホですね。そんな事は政策論的にありえません。繰り返しますが、政策の正しさと、多数決とは関係ありません。

あるいは、
「大阪の未来のこともしっかり考え、かつ、都構想が絶対必要だと考えるが、これがラストチャンスだ、といってのけた以上、仕方ない、と考えている」

という可能性もありえますが....よくよく考えれば、そんな可能性も100%ありえません。なぜなら、(1)(2)のいずれかあるいは両方が真でなければ、「これがラストチャンスだ」と言ってのけることなどあり得ないからです!

 
 ということで、論理的に考えれば考えるほど、下記ニュースで報道されているように、都構想推進勢力が今回の否決を受けて都構想を完全に即時断念する、という判断をするということは、上記の(1)(2)のいずれかあるいは両方が真である、ということを示唆しているとしか考えられないわけです。
(※ 万一、これ以外の可能性があれば是非、ご教示くださいw)

ということで、繰り返しますが、下記ニュースを見たら、以下の様に感じてしまわざるを得ないのではないかと......筆者には思えるわけです。

「なんか橋下さん、すぐに法定協議会廃止っていうた方が潔くってかっこいい、って思ってるんかもしれんけど、

結局それって、『都構想やったら大阪にとってええんやでーーって、ずーーっとゆーてはったけど、それは口でゆーてただけで、ホンマはそんな事全然思って無かった』ってことなんちゃうん?

もっとゆーたら、『大阪の事なんてホンマはどうでもええと思ってた』ってことなんちゃうん?」

.....以上、いかがでしょうか? 気になる方は、是非一度、お考えになってみてください。
スポンサーサイト
  1. 2015/05/27(水) 23:34:39|
  2. 時事ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪都構想その5

終盤になって、賛成派も反対派もヤジ合戦になってきています。各地でトラブルもあるようです。冷静になりにくのはわかりますが、罵り合いや暴力は避けてほしいですね。


 賛成派は、それこそ藤井教授ほかに、(論には論で)きちんと反論していけば情勢は変わると思うのですが、なぜされないんでしょう? あの方の発言をチェックしていますが、少々ケンカ腰の言い回しはあっても、決してデマや誹謗中傷を話しているのではないですよ。


 利害が絡む政治家の言葉は半分に聞くとして、利害のない多くの学者のみなさんが述べていることにもきちんと意見してもらいたいと思います。

 しかし結局のところ、私は橋下氏が苦手なのだと思います。今回は「坊主憎けりゃ袈裟まで…」とならないよう気を付けていましたが、やはりNOになります。なにぶん唐突に「八尾空港にオスプレイを」などと発言する方です。あれには八尾市長もビックリだったはず。自分の市にこんな思い付きの発言されたらたまったものではありません。

 あと「今回都構想が実現しなかったら辞める」っておかしくないですか?「実現するまで何度でも挑戦する!」って言うべきではないですか?

 維新の江田代表も「否決されれば、橋下徹という政治家は完全に引退をします」「橋下徹を見殺しにしないでください」って、橋下氏の選挙じゃないんですから。情に訴えるのはやめてほしいです。

  「今回は最初で最後のチャンス」と言っておられますが、条件が揃えばまたこの機会は訪れますし、反対にこれで決まって変わってしまえば、現行の法律では元に戻すことはできないと総務大臣は言ってます。このヤジ合戦の中で決めるのはホント良くないですよ。

※あくまで見て聞いての情報で書いております。もし間違いや誤解などありましたらご指摘いただければと思います。

  1. 2015/05/14(木) 22:59:02|
  2. 時事ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪都構想その4

オバマ氏は「CHANGE」を掲げて大統領に初当選したが、2期目の選挙では「CHANGE」とは言わなかった。現職がそう言うのは「俺を下ろせ」と言うようなものだからだ。ところが大阪では、7年も首長をしている橋下氏がいまだに「CHANGE」などと言う。その奇妙さに気づかない人が多い。(想田監督)


言われて気付きましたが、まったくもってその通りですね!!
  1. 2015/05/13(水) 21:57:04|
  2. 時事ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪都構想その3

このアニメ

どなたが作られたんでしょう?

都構想推進派の方は、もし誤解やデマがあるなら、このようなものに対し、どの点がどのように違うのか1つ1つ説明してほしいと思います。
  1. 2015/05/08(金) 12:31:40|
  2. 時事ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪都構想その2

橋下氏ほどのエンジンを持ち合わせないとできないことも多々あるでしょう。ただ大阪人はすでに彼に知事、市長、国政と何度も託したのではなかったでしょうか。その結果が今です。少なくともこの4年ほどは、知事も大阪市長も、そして府議会も市議会も最大会派は維新でした。府議の定数削減、報酬削減、数々の条例により大阪は変わりつつあります。

 いい意味では、そのために新たな二重行政の弊害は生まれていません(と思っています)。多少の時間はかかるかも知れませんが、市を5つに分割しなくても、府と市の連携、他会派との議論でできることは多くあると私は思います。

 橋下氏のやり方というのは、害虫を駆除するのに爆弾を使うようなものなので、確かに駆除はできるのですが、ペットに影響が出るわ、歴史的価値のあった壁も壊れてしまうわ…そんな印象です。都構想にしても、当初彼らが言っていた内容と、今の内容では中身が全く異なっています。原発のこと1つ取ってもあれだけ主張がコロコロ変わっていてはちょっと信用できません。

 おそらく投票に勝てばまた「信任を得た文句言うな」「反対ならあなたが選挙に出ればいい」というトークで好き放題されてしまうのではないかと心配しています。今回でも、彼らの訴えていることが協定書にハッキリと約束されていないことも多いようですし。

 あと、これはあまり議論になっていませんが、仮に都構想が実現し無駄を省いた結果お金が出てきたとして、それで何をするかという問題です。カジノとか湾岸開発とか、過去には梅田から関空までリニアを通すとかそんなクレイジーなことも言ってました。「人口減少」「少子高齢」「介護大国」を迎える社会にとって必要なのはそんなことではないはずです。効率化だけで物事を判断していけば、どこかで歪みが生じてくると私は思います。

 とにかく市民が理解していない段階での投票、つまり「橋下好きか・嫌いかの投票」によって、大阪の形を決めてしまうのはあまりに乱暴ではないでしょうか。
  1. 2015/05/08(金) 12:24:01|
  2. 時事ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪都構想

大阪都構想の住民投票が近づき、賛成・反対のバトルも日に日にヒートアップしていますね。私は今のところ否定的な考えですが「橋下嫌い=反対」「反対のための反対」という面があることも確かです。そこで都構想について改めて勉強しております。

 そもそも「大阪都構想」という言葉を聞いて5年ほどになりますが、未だに多くの市民・府民から「よくわからない」との声が聞かれます。

 私などは、その段階ですでに終わっていると思うのですが、そんな状態にありながら、投票直前になり「賛成!」「反対!」とやり合ってこれ、どうなんでしょう? 

 この時期に決定するのはまだ早いのではないですか?

 なぜ焦っておられるんでしょう?

で、賛成派の方に言いたいのは、反対派の代表ともいえる京大の藤井教授にぜひ反論していただきたいということです。
これまでの経緯を見ましたが、中央大学の佐々木氏も、箕面の倉田市長も藤井教授への反論にはなっておりません。

http://satoshi-fujii.com/150329/

そこで、私が聞きたいのは次の2点です。

1、「二重行政」の解消で、17年間に2,700億円の財政効果について

〇ここ最近に生じた「府と市の二重行政」とはたとえばどのようなものがあるでしょうか?

〇大阪都構想を実現しなければ二重行政の解消は無理なのでしょうか?

〇大阪市の資料によれば、その効果額は1億円程度とありましたが2,700億という数字は事実でしょうか?

〇地下鉄・バス、ゴミ収集の民間へ売却というのは、二重行政とは直接関係がない話であると思いますが、いかがでしょう?

2、共同通信社のアンケートによりますと、大阪市以外の19政令指定都市の市長を対象に、市の廃止・分割の意向があったり検討しているとの回答はゼロだったそうです。 当初、人口30万人程度でまとめるのが良いと、言われていたように記憶していますが、現在の5区に分割する案では40万ほどになるようですね。

〇神戸市(153万)名古屋市(227万)横浜市(371万)福岡市(152万)京都市(146万)などに、同様の考え方が出てこないのはどういう理由でしょうか?

〇神戸市を解体すれば兵庫県が、名古屋市を解体すれば愛知県が、より発展するということでしょうか?

 実際、維新の議員さんとは知り合いも多くfacebookでもつながっています。もしご回答いただける方がおられましたら、コメントでもメッセージでも結構ですので、よろしくお願いいたします。

 決して論戦を吹っかけたい訳ではありません。回答やご意見をいただいた場合、許可なく掲載したりはいたしませんので…。
  1. 2015/05/06(水) 22:53:58|
  2. 時事ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。