今日の坂本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プラネタリウム施設活用

私市の星の里いわふね内にある「天体研修センター」

20150129_105425.jpg

 こちらにある、現状のプラネタリウム施設を活用できないかを考えるチームに関わっておりますが、今日はドーム型の天井に映像を映してみました。

20150129_102735.jpg

 最近のプロジェクターは、ドーム状の歪みにも補正対応して見やすくなる機能があります。ただ、正面に近い位置だと違和感なく普通のスクリーンに投影したように見えますが、前方の隅の席だとやはり歪んで見えます。

20150129_103505.jpg

20150129_105726 (1)

 森の中にあるこのホール、環境は抜群です。映像上映のほか、ミニライブ、落語、展示会など様々な利用の仕方を探っておりますので、いいお知恵がありましたら、ぜひ教えてもらえますでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2015/01/29(木) 18:43:23|
  2. 交野市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己責任論の嵐

また「自己責任論」の嵐が巻き起ってますね。

何がどこまで真実なのか、まだよくわかりませんが、とにかく人質の無事を祈ります。

 そもそも安倍総理が、阪神大震災20年目の日に神戸にも行かず、中東に行ってあのような演説をしたことをもっと言わなければならないと思うのですが…。



  1. 2015/01/23(金) 15:32:05|
  2. 時事ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花園多目的遊水地

今日は小雨の中、東部大阪治水対策促進議会協議会の管内視察にて、東大阪市の花園多目的遊水地に行きました。
20150122_102320.jpg

20150122_112347_convert_20150122164909.jpg

20150122_161013.jpg

 こちらの遊水地、平常時にはスポーツ公園や多目的広場として使用されていますが、台風やゲリラ豪雨で恩地川が増水した時は、川から水が流れてきます。そして水量に応じて、段階的にAゾーン→Bゾーン→Cゾーンと貯まるしくみになっています。


 
 次に、隣接する花園ラグビー場も見せていただきました。
20150122_112126.jpg

 つい先日まで、全国高校ラグビーが行われていたところ。2019年に日本でラグビーワールドカップが開催されますが、こちらも会場の1つとして試合があることでしょう。(まだ確定していません)

20150122_111800.jpg

20150122_105749.jpg

 私もかつて「ラグビーシャツが最も似合わない男」として売り出していましたが、ここに立つと誰かにタックルしてみたくなりますね。
  1. 2015/01/22(木) 16:51:35|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東大で軍事研究解禁

東大ってもう少し賢い大学かと思っていたんですが、そうでもなかったんですね。
(お前が言うなと言われそうですが)

色々と圧力があったんでしょうか。他大学に広がらないよう願います。

東大で軍事研究が解禁
  1. 2015/01/16(金) 15:58:48|
  2. 時事ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジム・ロジャーズ氏の予測

あくまで1つの見解ですが、経済が読めないと一流の投資家にはなれないはずですね。

ジム・ロジャーズ氏によると、アベノミクスの円増刷で数年間はバブル状態が続くとしながらも、将来的には借金の増大や経済破綻を誘発する可能性が高いとのことです。

「2020年までに少なくとも1回は世界規模の破綻が起こります。もし私が日本の若者だったら、外国語を習得して日本脱出に備えます。もしくはカラシニコフ銃を手に立ち上がり、革命を起こそうとするかもしれません」

「安倍晋三首相は最後に放った矢が自分の背中に突き刺さって命取りとなり、日本を破綻させた人物として歴史に名を残すことになるでしょう。自国通貨の価値を下げるなんて、狂気の沙汰としか思えません」
(「プレジデント」)

「子供たちには必ず外国語を習わせること。若い人は絶対に中国語を勉強すべきです。日本に骨を埋めるつもりなら、農地を買ってトラクターを運転できるようにもなってください。これからは農業の担い手が不足するので、食糧を生産できる人の将来は安泰です」
(「日経ビジネス」)

詳しくはこちら


  1. 2015/01/13(火) 17:15:20|
  2. 時事ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐賀県知事選

佐賀県知事選挙に出馬していた、元武雄市長の樋渡氏、TSUTAYAの図書館を作ったという程度しか知りませんでしたが、地元の声を無視してはダメだということは、沖縄県知事選に続いてハッキリしました。

さらに安倍総理の録音電話(←こちらから聴けます)までかけていたとは驚きました。

20150109175415120.jpg

いやいやいや、有権者が受話器で聞いているのに、お願いする側が「録音テープ」ってバカにするにもほどがあります。選対の中に「この作戦はやめた方がいいんじゃないか」と意見する人がいなかったことが不思議。

私が選対メンバーなら絶対止めましょうって言いますけどね。そりゃ落選でしょうね。

  1. 2015/01/13(火) 17:06:30|
  2. 国政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二十歳の集い

新成人のみなさん、おめでとうございます!
交野市の成人式にて、プロの和太鼓奏者、佐伯さんの演奏です。

10806425_787600487987019_6829726865619552461_n.jpg

下手な写真と思われるでしょうが、3つの影は右から、佐藤ゆかりさん、平野博文さん、伊東信久さん、3名の代議士の頭です。 1ヶ月前には、ガンガンやり合っておられたはずですが、こうして並んでおられるのを見るとどこかホッといたします。

党の論理もあるでしょうが、同じ選挙区に3名おられる地区は全国でもほとんどないはず。力を合わせ一緒に取り組んでもらえることにも期待したいです。


交野市では今年、915名の新成人が誕生しました。
10923629_787600524653682_2145735066716024188_n.jpg

 さて、会場を出て、橋を渡ったところで本を渡されました。

1549238_787603641320037_1469863607035830485_n.jpg


「いえ私、新成人じゃないので…」

「結構ですよ。ぜひどうぞ」

「……(誰でもええんかい!)」

「経済のことも書いてありますから、ぜひどうぞ」

確か昨年も同じやりとりをしたのを思い出しました。読むべきでしょうか~
  1. 2015/01/12(月) 22:57:10|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「じんじん」上映会

映画「じんじん」上映会のお知らせ

●1月17日(土)  ①10:30~ ②13:30~
●会場:交野市ゆうゆうセンター交流ホール(JR河内磐船駅下車2分)
●チケットは1,000円、小学生以下800円です。


 この映画は映画館ではなく、スローシネマ方式で上映されています。スローシネマとは、1つの県や市町村などで実行委員会を立ち上げ、数年かけてゆっくり各地のホールや公共施設で上映会を行う公開方式です。

 ちなみに私は、昨年豊中市でこの映画を観て「じーん」と感動しまして、しばらく自宅で映画の主演である大地康雄さんや板尾創路さんのモノマネをしていたものです。

 
 そして3月にはこの映画の舞台となった北海道剣淵町に行きました。ここは、絵本の読み聞かせで町おこしを成功させた小さな町です。絵本が町おこしになるのかと思いましたが、今や剣淵町は全国的に「絵本の町」として知られています。毎年開かれる「けんぶち絵本の里大賞」により、有名作家や新人作家、さらに出版社など関係者が行き交う、北のスポットになっています。

 なお当日、隣の多目的ホールでは「えっほん村」(えほんの広場、本紹介コーナー、壁新聞展、バルーン等の催し)を開催していますので、こちらもご来場下さい。いや~早く言ってもらえましたら映画に出てくる「ガマの油売り」を私がやりましたのに。日本刀もありますし。ただ台詞は半分ほどしか言えませんけど…。

 交野市内の方はもちろん、市外の方もぜひ観ていただきたいおススメの映画です。ご連絡いただけましたら、チケット手配いたしますのでよろしくお願いいたします。


じんじん公式サイト(予告編が見れます)
  1. 2015/01/08(木) 22:57:24|
  2. 文化行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内田樹の研究室

将棋の対戦のごとく1歩1歩、コトを進める安倍政権。

ゲームに勝つため、チーム一丸となって作戦を練っているのはわかります。
勝ちたいという意気込みはイヤと言うほど伝わってきます。

ところが…、何のために今このゲームをしているのか…
勝利したなら、誰が喜ぶのか…
そして仮に勝った場合、その次に何がしたいのか…

総理にその「答」はあるのでしょうか?
私は総理にも「答」はないのではないかと思います。

勝利すれば、一応総理として名を残すことはできるでしょう。
それだけでいいのでしょうか?

長文ですが、そのあたりのことがわかりやすく書かれています。

内田樹の研究室
  1. 2015/01/08(木) 07:01:11|
  2. 国政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2つの新年あいさつ

〇天皇陛下の新年の感想。
「東日本大震災からは4度目の冬になり,放射能汚染により,かつて住んだ土地に戻れずにいる人々や仮設住宅で厳しい冬を過ごす人々もいまだ多いことも案じられます。」と、まだ全く目途がついていない放射能汚染にも触れておられるのに対し、

〇安倍総理の年頭所感。
「総理就任から2年が経ちました。この間、経済の再生をはじめ、東日本大震災からの復興、教育の再生、社会保障改革、外交・安全保障の立て直しなど、各般の重要課題に全力で当たってまいりました。」

と、「東日本大震災からの復興」の文言があるのみ。


〇天皇陛下の新年の感想。
「本年は終戦から七十年という節目の年に当たります。多くの人々が亡くなった戦争でした。各戦場で亡くなった人々、広島、長崎の原爆、東京を始めとする各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。この機会に、満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本のあり方を考えていくことが、今、極めて大切なことだと思っています。」

〇安倍総理の年頭所感。
「今年は、戦後七十年の節目であります。日本は、先の大戦の深い反省のもとに、戦後、自由で民主的な国家として、ひたすら平和国家としての道を歩み、世界の平和と繁栄に貢献してまいりました。その来し方を振り返りながら、次なる80年、90年、さらには100年に向けて、日本が、どういう国を目指し、世界にどのような貢献をしていくのか。
 私たちが目指す国の姿を、この機会に、世界に向けて発信し、新たな国づくりへの力強いスタートを切る。そんな一年にしたいと考えています。」

 総理の所感に「先の大戦の深い反省」とありますが、誰による何の反省で、結果として何を教訓として学んだのかが曖昧です。

 ところが、天皇陛下は「満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び…」と、わざわざ「満州事変に始まる…」と付け加えておられます。日本の策略により始まった「満州事変」、このあたりをきちんと学びましょうというメッセージであると私は読みました。


天皇陛下「新年の感想」

 一度、読み比べていただければ、選挙での信任とか、アベノミクスのさらなる進化とか、ご自身のPR中心の文章との違いがよくよく分かっていただけると思います。

  1. 2015/01/01(木) 22:30:00|
  2. 国政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。